施工ビフォーアフター

板金屋根(トタン屋根)の葺き替え工事(ガルバリュウム鋼板使用)
板金屋根(トタン屋根)の葺き替え工事(ガルバリュウム鋼板使用)
Before
板金屋根(トタン屋根)の葺き替え工事(ガルバリュウム鋼板使用)
After
ガルバリュウム鋼板で葺き替え工事

さいたま市緑区で板金屋根の葺き替え工事を行いました。2階建ての建物で、2階は瓦屋根、1階は

板金屋根で、アルミのベランダが有る、昭和の時代に建てられた、一般的な作りになっています。

最近の新築住宅は、ほとんどが、FRP防水のベランダになっていて、ベランダへの出はいりは、

便利になっています。今回の、板金屋根の種類は、瓦棒葺きといい、ガルバリュウム鋼板ではな

く、カラートタンが使用されています。カラートタンの出来る前は、トタン板という、鉄板に亜鉛

メッキをしたものが使用されていました。それで、昔の板金職人さんは、トタン屋さんとか、ブリ

キ屋さんなどと呼ばれていたのです。年配の人は、今でも、金属屋根のことを、トタン屋根と呼ぶ

事が有りますが、その名残です。

今回の葺き替え工事は、まず、アルミのベランダの、プラスチック製の床を剥がし、その下の、

古い板金屋根を剥がし、傷んだ木下地を撤去し、広小舞という、木の下地も撤去します。瓦棒の金

属屋根は、軒先の木の下地が、腐食し、時には、形が無い場合もあります。傷みに気付かず、釘が

効いていない状態で、台風や、強風時に、屋根が飛ばされたり、剥がされたりしている事例は、

沢山見ています。時々、傷みの点検をしたほうが、突然の被害を避けることが出来るでしょう。

軒先の木の部分は、広小舞だけでなく、野地板、破風板まで腐食させ、時には、雨樋の金具の固定

がされてなく、グラグラしていたりもします。やはり、定期的な、屋根の点検は必要なのですね。

木部の補強、交換、補修をしたら、防水紙の施工ですが、今回は、既存の断熱材を再使用できるの

ですが、出来ない場合は、断熱材を施工してから、防水紙の施工となります。で20僂鷲要です。

防水紙の次は、3×4僂離織襯の取り付けです。45僖團奪舛法軒先から壁にまっすぐに取り付け

ます。次に、唐草を取り付け、ガルバリュウム鋼板のコイルから成型したドブ板を取り付けます。

軒先を唐草につかみ込み、カッパを被せ、ステンレスの釘で固定し、完成です。

他にも、色々な葺き替え工事の実例が掲載された、住医やたべのブログです。

屋根のリフォーム、外壁のリフォームを検討中でしたら、是非お読みください。

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

▲ Page Top

さいたま市の瓦屋根の雨漏り修理
さいたま市の瓦屋根の雨漏り修理
Before
さいたま市の瓦屋根の雨漏り修理
After
重たい瓦から軽い金属かわら(ガルバリュウム鋼板)で葺き替え工事

無料雨漏り診断の依頼を受けて、瓦屋根の点検調査をしましたら、雨漏りが見つかり、瓦から、軽

い石付屋根材に葺き替えた事例です。 お客様は、埼玉県さいたま市、見沼区です。

家も古くなったので、無料雨漏り点検にお伺いし、点検させていただきました。 2階建ての瓦屋

根です。  2階部分と、一部1階部分も、増築されています。 瓦の傷み具合が、2階の増築部

分と、元の建物の部分の瓦屋根は、当然違います。 2階部分は、瓦のずれ、割れ、剥離、欠け等

なく、棟部分と鬼部分の漆喰の傷みだけでした。 漆喰の傷みは経年劣化で、漆喰工事をすれば

問題ありません。 1階古い瓦屋根部分です。 瓦の傷みが目立ちます。 何枚か、瓦の表面が

剥離したり、欠けたり、瓦のずれがひどく、隙間が、遠目でも分かるくらいでした。これは、瓦の

葺き替えか、他の屋根材での葺き替しかありません。 屋根の状態をご報告しましたら、傷んでる

部分だけでも、軽い屋根材で葺き替えたいという事になりました。2階の屋根が瓦屋根なので、

カラーベストコロニアルでは、合わないと思い、軽くて、重厚感のある、ガルバリュウム鋼板み、

天然石の石粒を吹き付けた、、石付屋根材のセネターという製品をお勧めしました。 サンプルの

屋根材やカタログを見ていただき、手に持った時の軽さに驚き、これなら十分ですと納得され、葺

き替え工事となりました。 セネターとはAHI ROOFING社の製品で50年以上の実績が有り、世界

80カ国以上に向けて製品を販売されている、世界的な屋根材メーカの製品です。

30年の保証書も発行されますので、安心して、ご使用できます。


実例が掲載された、住医やたべのブログです。

屋根のリフォーム、外壁のリフォームを検討中でしたら、是非お読みください。

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

▲ Page Top

金属かわら重ね葺き(ガルバリュウム鋼板)
金属かわら重ね葺き(ガルバリュウム鋼板)
Before
金属かわら重ね葺き(ガルバリュウム鋼板)
After
コロニアル屋根をルバリュウム鋼板で、重ね葺き

苔が生え、色あせたカラーベスト、コロニアル屋根の、リフォーム工事です。

埼玉県さいたま市、緑区のお客様です。
 
古いコロニアルを剥がさないので、ホコリやゴミが出ず、コロニアルの産業廃棄物の処分費用も

節約でき、工期の短縮にもなります。コロニアルが下にそのまま有るので、断熱性、遮音性も向上

します。ご近所の方や、お客様にも優しい工事方法です。

この屋根工事は、 2日で完成。雨になる前に、葺きあがりましたので、お客様にも喜ばれました。

重厚感 、高級感があるにも関わらず、素材がガルバリュウム鋼板のため超軽量です。

表面に、天然石の石粒が吹き付けられていますので、ガルバリュウム鋼板の金属製に見えない仕上

がりです。天然石が吹き付けてあるため、色褪せしにくく 雨音も 気になりません。

仕上がりの美しさに お客様にも 十分喜んでいただけました。


瓦屋根、コロニアル屋根、トタン屋根などの、葺き替え工事、雨漏り修理など、沢山の

実例が掲載された、住医やたべのブログです。

屋根のリフォーム、外壁のリフォームを検討中でしたら、是非お読みください。

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

▲ Page Top

遮熱工事(暑さ対策)のすばらしさ
遮熱工事(暑さ対策)のすばらしさ
Before
遮熱工事(暑さ対策)のすばらしさ
After
瓦屋根葺き替え時の遮熱工事 下地編

年枚に暑さが厳しくなって来ており、住医としても、何とかこの暑さを緩和できる方法はないもの

かと考えていたところ、遮熱材、という、新しい概念の断熱材に出会いました。

屋根瓦などが 真夏の、強い日差しで温まり、その熱が 屋根裏に伝わり、部屋に伝わる。

その屋根の熱さを、途中で、反射させてしまうという、素晴らしいものです。

熱の伝導を防ぐ材料が 断熱材なのですが、遮熱材は、熱そのものを、反射してしまう材料なので

す。ちょうど、ストーブの反射板と同じ理屈です。

表は熱くいるけれど、裏側、つまり屋根裏部分は熱くなりにくい。

この遮熱材を瓦や、カラーベストコロニアル、金属瓦などの屋根材の下に、隙間なく敷き込むので

す。文字通り、隙間なく、密封するのです。

瓦屋根の葺き替え工事の場合、瓦の下には、粘土、瓦くず、瓦を固定する瓦桟という木材等 沢山

のごみが有ります。それをきれいに清掃します。特に瓦桟は、釘で固定されていますので、全ての

釘を抜き、突起物を処理しないと、遮熱材に穴を開けてしまいます。

天井裏と遮熱材の間の、空気の流れを遮断し、密封された空気層を設けます。

この、密封された空気層を作らないと、遮熱効果が半減しますので、いい加減な仕事は出来ませ

ん。既存の野地板、薄べニア、20〜25mmの熱さの木下地を、既存の垂木に、しっかりと固定し、

12mmの合板をその木下地に、隙間なく貼り付けます。固定する釘の長さも、厚みを考慮し、

十分な長さの物を使用します。

その合板の上に防水紙を敷き込み、遮熱工事の下地は、完成です。


瓦屋根、コロニアル屋根、トタン屋根などの、葺き替え工事、雨漏り修理など、沢山の

実例が掲載された、住医やたべのブログです。

屋根のリフォーム、外壁のリフォームを検討中でしたら、是非お読みください。

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

▲ Page Top

遮熱工事(暑さ対策) コロニアル屋根
遮熱工事(暑さ対策) コロニアル屋根
Before
遮熱工事(暑さ対策) コロニアル屋根
After
コロニアル屋根葺き替え時の遮熱工事 遮熱シート張り

さいたま市浦和区でコロニアルの葺き替え工事(カバー工)の時の遮熱工事の工程です。

まず、コロニアルの屋根の上の障害物、棟、雪止め謎を取り除きます。テレビのアンテナは、

使用中ならそのままにし、不要のテレビのアンテナなら、お客様に断ってから、取り外します。

雪止めは、はさみ、電動工具で撤去。棟部分は、板金棟、下地の貫板を撤去しますが、貫板を固定

している釘です。大半は、釘の頭が腐食し、無くなっています。この釘をどうするかです。

そのままには出来ませんので、バールで抜くのですが、抜き方は、説明が難しいので、省きます。

コロニアルの表面に、突起物になる、ごみ、釘等が無いことを確認し、遮熱材の敷き込みです。

遮熱材は、巾1.2mのロール状になっています。これを、コロニアルの屋根面を転がし、貼り付けて

いきます。注意点は、継ぎ手を重ねず、突きつけて施工し、そこを、専用のアルミのテープで張り

付けます。隙間なく貼り付ける、ここが大事です。遮熱材が張り終えましたら、空気層を

25〜30从遒襪燭瓩量擇硫蔀呂髻▲灰蹈縫▲襪硫爾砲△襦▲織襯に取り付けます。45僖團奪舛法

確実に取り付けます。この木の下地に、野地板を張り付けるので、風で飛ばされないように、きっ

ちりと取り付けます。私は、75弌90个離魁璽好好譽奪箸鮖藩僂靴討い泙后

木下地の施工で注意点は、軒先、棟部分などから、空気の移動が無いよう、隙間を作らない

ことです。どうしても、多少の隙間は出来ますので、コーキングで、隙間を充填しています。

次に、12亶臠弔鯏修衂佞韻泙后E修衂佞韻觧、釘でも、コーススレットでもいいのですが、

釘の場合、焼き入れ釘という、特殊な釘を使用します。普通の釘ですと、コロニアルの表面が固い

ので、曲がってしまうのです。短い釘を使用すれば曲がりませんが、合板の固定の強度に、無理が

有ります。風で飛ばされる恐れが有ります。ここは、しっかりと、十分長い釘、コーススレットで

固定します。これで野地板の完成です。

次の工程は、防水紙の施工です。防水紙は、一般的な、940アスファルトルーフイングと改質アスフ

ァルトルーフィング、ゴムアスルーフィングなどが有ります。

標準的な940アスファルトルーフイングでも十分ですが、予算が有れば、ゴムアスルーフィングがお

奨めです。防水紙の性能が上がり、釘穴からの防水性が向上するからです。

どの防水紙でも、上下の重ね代、横の重ね代はそれぞれ、10儖幣紂20儖幣紊板蠅瓩蕕譴討い泙

ので、ここはしっかり守りたい部分です。

防水紙の施工も完了です。

いよいよ、新しい屋根材の施工です。コロニアル屋根は、最低勾配、2.5/10ですので、ほとんどの

屋根材から選択可能です。問題は、既存のコロニアルの屋根の上に、葺きあげるので、重量の

制限が出てきます。コロニアルが60〜68/3.3屬任垢里如瓦のように、180〜200/3.3

もある、重たい屋根材は、除外したほうがいいでしょう。できれば、なるべく軽い屋根材、

ガルバリュウム鋼板の屋根材、アスファルトシングルの屋根材、アルミの屋根材などが有ります。

屋根材として、種類の豊富な、ガルバリュウム鋼板はおすすめです。仕上がりが、瓦葺きのような

金属瓦、耐久性の高い、フッ素塗装の金属瓦、洋風瓦のような金属瓦。どれを選んでいいか、

迷うほどあります。ガルバリュウム鋼板は、錆びに強いといっても、メンテナンスが大切です。

錆びに強くても、色が褪めたり、変色したり、長い間には、錆びも発生するでしょう。当然、

塗装工事が必要になります。ところが、石付屋根材は、色の退色が少ないのです。天然石の

石粒なので、色はそのままです。これで、退色しての、塗装の不安は無くなったと思います。

石付屋根材の優れた点は、表面の天然石が、雨音の影響を受けにくい、金属屋根特有の雨音が

解消されている点です。そして、天然石のざらざらが、雪の滑りを止める効果があり、、

雪止めを付けなくても大丈夫なので、雪止めの費用の節約にもなります。


瓦屋根、コロニアル屋根、トタン屋根などの、葺き替え工事、雨漏り修理など、沢山の

実例が掲載された、住医やたべのブログです。

屋根のリフォーム、外壁のリフォームを検討中でしたら、是非お読みください。

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

▲ Page Top

瓦屋根のリフォーム工事(石付金属瓦セネターに葺き替え工事)
瓦屋根のリフォーム工事(石付金属瓦セネターに葺き替え工事)
Before
瓦屋根のリフォーム工事(石付金属瓦セネターに葺き替え工事)
After
金属瓦で地震対策、

埼玉県さいたま市浦和区で、経年劣化で傷みの激しい瓦屋根を撤去し、軽くて、耐空性の高い

ガルバリュウム鋼板の金属瓦に葺き替えました。無料雨漏り診断の調査で、瓦の傷みが見つかり、

地震が心配なので、屋根を軽くしたいというお客様のご要望もあり、ガルバリュウム鋼板の金属瓦

への、葺き替え工事に至りました。無料雨漏り診断の時、瓦屋根を拝見すると、長年手入れをして

いないので、瓦のずれ、漆喰の剥がれ、鬼瓦の部分の漆喰の欠落等、重症でした。

屋根を軽くしたい、でも、コロニアルのような屋根にはしたくない、どっしり感のある、瓦の  

イメージを残したいという事で、洋瓦風のイメージに仕上がる金属瓦、セネターという製品で

葺き替えることになりました。

まず、瓦屋根の解体時の、ごみ、ホコリの飛散防止、墜落防止の為、足場を組み、メッシュシート

で廻りをかこいます。はしご型のリフトをかけ、資材の上げ下ろしをするのですが、リフトの設置

に、障害物があったのです。アルミのベランダとテラスの屋根です。瓦屋根より、前方に突き出て

いますので、瓦屋根に直接リフトが掛からないのです。結果、写真のような、形での設置となりま

した。形はいいのですが、この形ですと、瓦の上げ下ろしには、支障が出るのです。

瓦屋根に直接リフトを掛ける時は、雨樋を破損させないよう、養生するのですが、今回は、雨樋で

はなく、アルミのテラスの屋根を養生し、工事を進めたのです。

他の作業は、順調に進み、無事、ガルバリュウム鋼板の金属瓦の葺き替え工事は、完成です。

隣のアパートの知り合いの方のところから仕上がりの写真を、撮らせていただきました。

この角度での屋根の写真はなかなか撮る機会が有りませんので、感謝です。

こんかい、雨樋の交換はしていません。屋根の葺き替えと雨樋の交換は、雨樋が傷んでいなけれ

ば、そのまま使い続けることも可能です。雨樋交換の予算を、他の工事に回すことも出来ますの

で、その辺は、ご相談ください。

隣のアパートから、お客様にもご覧いただき、仕上がりが、洋風瓦のような雰囲気が出ましたの

で、満足していただきました。

近所のコロニアルの屋根を見て、この家にコロニアルは合わなかったから、ガルバリュウム鋼板

の石付屋根材にして、良かったといわれ、こちらも感謝です。

やはり、お客様の満足感がいちばんの喜びです。


瓦屋根、コロニアル屋根、トタン屋根などの、葺き替え工事、雨漏り修理など、沢山の

実例が掲載された、住医やたべのブログです。

屋根のリフォーム、外壁のリフォームを検討中でしたら、是非お読みください。

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

▲ Page Top

瓦屋根から金属屋根に葺き替え工事
瓦屋根から金属屋根に葺き替え工事
Before
瓦屋根から金属屋根に葺き替え工事
After
川口市で重たい瓦屋根を軽い金属屋根に葺き替えました

川口市で築18年の2階建て瓦屋根を、金属瓦に葺き替えました。

地震が心配で、軽い金属屋根にしたいというご要望でした。

表面がトタン屋根(金属屋根)に見えにくい、ガルバリュウム鋼板に、天然の石粒を吹き付けた

石付屋根材で葺き替えました。

瓦屋根の時が、約5トンから、金属瓦約600圓坊變眠宗

住まいのダイエットです。

葺き替え工事中、雨漏りも見つかり、しっかり補修したので、地震対策も効果が出て、安心でき

る、とお客様も、満足していただきました。

外壁の塗装も同時にしましたので、安心して生活できると思います。

▲ Page Top

手すり工事
手すり工事
Before
手すり工事
After

さいたま市で手すりの依頼されました。廊下とか、階段廻りではなく、玄関から、門扉までの間の

手すりです。玄関の土間から、廊下の床に上がる時、段差が有ると、段差解消をしたり、手すりを

付けたりして、体の不自由な部分を補助されます。玄関から外の部分は、問題視されず、あまり手

すりなどは見られません。あきらめられていました。体を支えてあげればいいという発想です。

ただ、玄関の先にも、段差、階段が有る場合がほとんどです。建物は、地面より高い位置に建てら

れているので、階段が付くのは当たり前の話です。今回は、この部分、玄関ドアの外側から、道路

まで、門のところまで、手すりをつけ、移動しやすくしたのです。この工事も、介護保険の対象で

すが、今回は、介護保険を使わず、自費で工事をされました。外の手すりは、内部の手すりと違

い、ステンレスとか、アルミ製の、雨にぬれても傷まない素材で出来ています。手すりの部分は、

手触りが良く、握りやすいように、特殊な加工がされていて、とっても安心して、使用できるよう

になっています。また、手すり部分は、継ぎ目がなく、1本の手すりなので、手を滑らして使用して

も、段差が有りません。

バリアフリー工事は、トイレとか、風呂場などに重点が置かれますが、外部にも、目を向けてく

ださい。新築工事の時だけでなく、リフォーム工事でも、用途に応じた手すりがつけられます。

小さいお子様のいるご家庭も、手すりが有ると、役立つものです。手すりは、体の不自由な人専用

ではありません。誰にも優しく、生活に役立つものです。

他にも、色々な葺き替え工事の実例が掲載された、住医やたべのブログです。

屋根のリフォーム、外壁のリフォームを検討中でしたら、是非お読みください。

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

▲ Page Top

雨漏り修理(外壁サイデイング、FRP防水からの雨漏り修理)
雨漏り修理(外壁サイデイング、FRP防水からの雨漏り修理)
Before
雨漏り修理(外壁サイデイング、FRP防水からの雨漏り修理)
After
雨漏りはFRP防水からだけではなかった

埼玉県さいたま市浦和区の雨漏り修理の様子です。建物は、木造の2×4住宅です。

写真は、雨漏りした場所と、原因となった部分の写真です。天井のクロスが剥がれ、クロスの下地

の耐火ボードも湿って、押すとグニャグニャと柔らかく、直ぐに剥がれ落ちてきそうです。

壁のクロス、耐火ボードも同じ状態です。

雨漏りの原因ですが、一つは、FRP防水の排水口と、排水ますの取り付け工事のミスと、

外壁サイデイングに、必要ないコーキング処理をしたことです。コーキング処理が、雨水の出口を

塞いでしまい、外壁サイデイングの裏側に雨水が流れ込み、雨漏りになったのです。

雨水が、サイデイングの裏側に流れ込んだため、サイデイングの表面の、塗装部分が剥がれ、

サイデイング本体も剥離し、ブヨブヨな状態です。このまま、塗装しても、塗装面が傷んでいるので、

直ぐに塗装が剥がれ、今と同じような状態になってしまいます。雨漏り修理の方法ですが、

傷んだ部分のサイデイングを剥がします。そして、2×4住宅ですので、外壁部分に、9个

合板が張ってあります。その一部はがし、中の構造材の傷み具合を確認し、傷んでいれば、交換。

もしくは補強をし、合板部分が傷んでいれば張り替えます。当然、防水部分も工事に絡んでくるの

で、防水工事も必要になります。ちょっとした工事のミスで、大事になってしまいました。

他にも、色々な葺き替え工事の実例が掲載された、住医やたべのブログです。

屋根のリフォーム、外壁のリフォームを検討中でしたら、是非お読みください。

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

▲ Page Top

瓦屋根のトップライトの雨漏り(修理、葺き替え工事)
瓦屋根のトップライトの雨漏り(修理、葺き替え工事)
Before
瓦屋根のトップライトの雨漏り(修理、葺き替え工事)
After
気付いた時は大規模リフォーム(葺き替え工事)

埼玉県川口市のお客様です。総2階建ての瓦屋根です。在来工法の木造建築です。

内部も拝見させていただいたのですが、凝った作りの、木造住宅です。集成材ではなく、無垢材の

柱を使用しています。 やはり、集成材とは、重みというか、温かみ、ぬくもりが違います。

部屋の天井には、雨漏りのシミなどなく、木目の目透かし天井がきれいに張られています。

和室はいいですね。懐かしいような、気持ちが落ち着くというか、安心します。

話がそれました。 実は、工事の依頼内容は、地震対策の葺き替え工事でした。重たい三州瓦よ

り、軽い金属製のガルバリュウム鋼板で葺き替えてほしいというご要望でした。 それで、瓦屋根

の雨漏り調査をせず、瓦の葺き替え工事に必要な、屋根寸法しか調べてなかったのですが、いざ、

工事に入ったら、こんな状態です。 トップライトから雨漏りしていたのです。 瓦の下の、防水

紙は、雨水のシミだらけです。 瓦を固定する瓦桟も、雨水で腐食し、釘も効いてなく、道具を使

わず、手で取れるほど傷んでいたのです。 雨漏りの原因は、トップライトの下の部分にある鉛板

の雨押えでした。  瓦屋根の場合、波型に馴染むように、柔らかい鉛板が利用されるのです。

鉛板は、柔らかいので、突起物が有ると、穴が空きやすいのです。 瓦の角で、経年劣化の為、

穴が開いたようです。雨漏りの水は、防水紙の上で止まってくれたので、部屋の天井までは、雨漏

りしませんでした。良かったです。 もう少しで、天井まで、雨漏りするところでした。

天井のクロスの張替、柱のシミの灰汁洗いと等、天井を雨漏りで汚してしまうと、予定外の出費に

なってしまいます。 今回は、運よく、葺き替え工事の時雨漏りが発見され、予定外の出費が抑え

られ良かったです。屋根も軽くなり、雨漏りも解消し、一安心です。

他にも、色々な葺き替え工事の実例が掲載された、住医やたべのブログです。

屋根のリフォーム、外壁のリフォームを検討中でしたら、是非お読みください。

さいたま市住医やたべのリフォーム工事日誌

▲ Page Top

雪止め工事(コロニアル、瓦、ガルバリュウム鋼板屋根の後付け雪止め)
雪止め工事(コロニアル、瓦、ガルバリュウム鋼板屋根の後付け雪止め)
Before
雪止め工事(コロニアル、瓦、ガルバリュウム鋼板屋根の後付け雪止め)
After
雪止め工事の種類

雪止め工事といっても、施工法は沢山の
種類が有ります。
屋根材の種類、勾配、屋根の長さ、
屋根に積もった雪の重さ。
これらの条件に見合った、雪止めの位置、
種類、数量を計算し、決定します。
今回は、既存の雪止めに、コロニアル用の
雪止めを、軒先、屋根の中間に追加し、
アルミのアングルを横に取り付け、
小さな雪の塊も落とさないように、
配置しました。
軒先の雪止めだけで、屋根全体の雪の重みを
防ぐには、雪が重すぎます。
分散し、雪止めの負担を軽減し、落雪を
防止するのです。

▲ Page Top

火災保険で銅製の雨樋を交換しました。
火災保険で銅製の雨樋を交換しました。
Before
火災保険で銅製の雨樋を交換しました。
After
雪で傷んだ雨樋、屋根工事の事例です。

さいたま市、大宮区で、銅製の角樋の交換工事をしました。

雪の重みで、軒樋が垂れ下がり、変形し、雨水がぼたぼたと落ちて、外壁にかかり

外壁も変色し、傷み始めてきてしまいました。

雨樋が銅製の角樋ですので、費用も高額になります。

そこで、お客様に、火災保険の加入の有無をお聞きしますと、加入しているとの事。

雪の被害の雨樋交換は、火災保険で対応できることを説明し、申請の準備をし、

無事、火災保険がおりました。

軒樋、竪樋、金具も全部新品に交換し、無事、完成です。

火災保険で、こんな事が出来るなんて、知らなかった。

ありがとうございます。

色々感謝され、こちらも感謝です。

火災保険は、火災だけでなく、自然災害も対応できますので、

不敬な点はご相談ください。

0120-7-41880です。

▲ Page Top

住医やたべのサービス
  • 屋根工事全般
  • 瓦の交換・補修
  • 部屋の増改築
  • 外壁工事全般
  • 外壁塗装
  • トイレ
  • リフォーム全般
  • コーキング・防水など
  • キッチン
  • 雨漏り修理
  • サイディング交換
  • お風呂
  • 雨樋交換・掃除
  • 断熱
  • 建具全般
  • セキスイかわらdeリフォームショップ
  • TOSTEM
  • IG KOGYO
埼玉の地域に密着!すぐに対応!
地域密着の住医やたべ。ちょっとお寄りして、調査確認!!
リフォームの相談も気軽にご連絡ください。
フリーダイヤル0120-7-41880
リフォームのご相談・お問い合わせはこちら